年齢が保育士求人に不利になったら

転職についていうと、30歳を超えたあたりから徐々に正社員の求人採用のハードルが高くなります。

まだまだ若いつもりでも、未経験から保育士に転職する場合には、30歳がひとつの壁になります。
経験があって管理職なども任せられる人であれば、40代以降でも転職先は見つかります。しかし、全く他の業界から保育士に転職したいという場合には難しいです。

その場合には、正社員ではなくパートの仕事を探せば求人が見つかる可能性が高くなります。



結果的に採用確率も高くなります。
パートと似た働き方に派遣がありますが、派遣は経験者を募って、必要に応じて派遣先に送っていることが多いです。

そのため、未経験で派遣の仕事を探すというのは難しいです。

保育士の求人の情報ならこちらを参考にしてください。

保育士パートの求人であれば、年齢制限を設けていないところが多いです。

パートで働く年代になれば、子育て経験のある人もいるでしょうから、それがプラスになることもあります。

年齢が採用に不利に働いてしまったとしても、子育てなどの経験を生かすことができれば、かえって採用に有利になる可能性があります。また、未経験の人であっても、子育て経験があるというだけで採用にプラスになることもあります。

何人も我が子を育ててきた経験があるという母親であれば、知識だけの若い保育士よりも役立つからです。
面接では、自分が職場に対してどんな利益を与えられるのかということをちゃんとアピールできるように準備しておきましょう。

保育士の求人情報探しのサポートをいたします。